●お客様からのよくある質問

寒天に関する素朴な疑問に丁寧にお答えします。どんなに小さい疑問、質問でも結構です。お気軽にお問合せ下さい。

 

Q.1   寒天の保存方法は? NEW

A. 直射日光・高温多湿を避けて保存してください。

 寒天は乾物ですので、それ程保存方法を気にされる事はない思います。水野家では食品棚にビニール袋に入れた状態でドド~ンと置いて保管しています(笑)保存場所によって多少変色する事もありますが水に浸すと真っ白になります。

 

Q.2 寒天の賞味期限は?

A. 寒天は乾物ですので数年大丈夫と言われています。

 数年経つと多少黄色くやけてしまうこともありますが、水に戻すと真っ白になります。品質的には粘度や強度が多少低くなる可能性もありますがそれほど問題はございません。ただ、寒天組合では、一応、2年以内と表示するように決まっています。数年でも大丈夫ですがやはり早めにお召し上がりください。

 

Q.3 届いた細寒天に黒い点の様な汚れが付いていますが・・・。 NEW

A.  寒天は屋外で干していますのでどうしても汚れてしまう場合がございます。

   汚れが無いか納品前にチェックしていますが細かい汚れは残ってしまうことがございます。お手数ですが野菜と同じような感覚で食べる前に必ず水で洗って頂きますようお願い申し上げます。逆に工場内で作っていて真っ白でキレイ過ぎる寒天にはご注意くださいませ。

 

Q.4 先日送ってもらった寒天の色が少し黄色みがかっているのが気になりましたが古いのですか?

A. いいえ。決して古いものは販売しておりませんのでご安心ください。

 寒天は自然の中で作りますので、どうしても気候や天候に影響されてしまいます。夏は冬に比べて日差しが強い為に、寒天の黄色みが強くなってしまったりごわごわした感じが強くなってしまったりもします。しかし、品質的には全く問題はございませんのでご安心くださいませ。多少黄色みがかっているのは大自然の中で太陽の恵みをたくさん受けた証でもあるのです。細寒天は水にもどして頂ければ真っ白になります。

 

Q.5 先日近所のスーパーで寒天がとても安く売っていましたが・・・?

 A. それは「外国産」の寒天だと思います。

 国産の寒天に比べると味や食感などが違うことが分かると思います。現在寒天は韓国や中国などでも製造されて多く市場に出回っています。寒天の色が白く値段がとても安い場合は外国産寒天の可能性が非常に高いです。

 

Q.6 寒天って本当にダイエットに効果があるんですか?

 A. 個人差がございますが効果があったというお客様も多くいらっしゃいます。

 寒天は食物繊維の宝庫(食品の中でNo.1)ですのでお通じが良くなり体の中をキレイにします。また、寒天はローカロリーでその上お腹の中で膨張しますので満足感も持続します。ダイエットにとても適した食材ですが毎日続けて食べる事や寒天ゼリーを毎食前に食べるとより効果的です。

 

Q.7 寒天には「細寒天」「糸寒天」「棒寒天」「粉寒天」があるようですが形が違うだけですか?

A. 「細寒天」と「糸寒天」は全く同じものです。ただ呼び方が違うだけです。

 一般的には「棒寒天」や「粉寒天」とは形だけではなく原材料である海藻の種類も違うため、寒天の成分や濃度も違います。また、主な生産地も違います。比較的「細寒天」は成分や濃度も高く食べやすいと言われています。

*「寒天」と事を「寒天」と言う地域もございます。

*当社の「細寒天」と「粉寒天」は形状が違うだけで成分も濃度も同じです! (詳しくはこちら)

 

Q.8 今まで「棒寒天」を使用していましたが「細寒天」も同じように使用すれば良いですか?

A. 「細寒天」の方が「棒寒天」より基本的に濃度が高いので煮溶かす場合は少なめで良いです。

 比較的「粉寒天」や「棒寒天」の方が一般的に良く知られていますが、「細寒天」は煮溶かしても良いし、水に戻してそのままサラダやスープ、お味噌汁に入れたりできるので便利!と寒天通に人気です。

 

Q.9 「天草100%の粉寒天」とありましたが普通は違うのですか?

A. 違います。一般の粉寒天の原料は主に海藻の一種である「オゴノリ」を使用しています。

 原料が「天草」の場合は天然で作りますが「オゴノリ」の場合は工場で生産され天草より料金的に安く大量に生産ができます。(詳しくはこちら

 

Q.10 粉寒天を1kg 購入すると細寒天の様に安くなりますか?

A. 申し訳ございませんが現時点では安い設定はございません。

 当社の粉寒天は最高級の細寒天を粉末機で粉状にしておりますのでどうしても割高になってしまいます。

 

Q.11 細寒天で「ところてん」は作れますか?

A. 天草を煮溶かして寒天質を抽出したものが「ところてん」です。

 細寒天はそれを凍結と乾燥を繰り返して作りますが細寒天をもう一度煮溶かしても「ところてん」には戻りませんが「似たもの」はできます。「ところてん」よりも「細寒天」の方が濃度も高くダイエットなどには効果があります。

 

Q.12 寒天の原料は海藻なのになぜ岐阜県の山の中で作られるのですか?

A. 気象条件が合っているからです。

 細寒天は凍結と乾燥を繰り返しますので、寒さが厳しく晴天の日が多くなければいけません。この気象条件をそなえているのが岐阜県山岡町なのです。細寒天は全国の90%以上がこちらで生産されています。

 

Q.13 一度、水に戻した細寒天はどのくらいもちますか?

A. 冷蔵庫で保管して2~3日以内には召し上がってください。

  毎回、細寒天を水にもどすのは大変なので、ある程度多めに水にもどしておいて冷蔵庫で保管し、毎食前に冷蔵庫から取り出して食べられる方が多い様です。一度水に戻した寒天は出来るだけ早く召し上がっ下さい。

 

Q.14 初めて寒天を購入しようと思いますが「細寒天」と「粉寒天」どちらにしようか迷っています。
A. 食べ方によっておすすめが違います。
●細寒天・・・水にもどしてサラダやお味噌汁に入れてそのまま食べることができます。
*煮溶かしてゼリーなどにすることも出来ますが粉寒天より多少時間が必要です。

●粉寒天・・・煮溶かしてゼリーなどを作る方におすすめです。

*『粉寒天』をご注文される方でご希望の方は『細寒天サンプル』をお付けします。 (詳しくはこちら)

 

Q.15 初めて細寒天を購入しようと思っていますが量を迷っています。人気があるのは何グラムですか?
A. 細寒天一番人気は1㎏ です。

 ただ、当社のお客様の8割近くがリピーターの方ですので、初めてのご注文でしたら500g又は100gが良いと思います。ちなみに、早い方ですと夫婦2人で1ヶ月1kgのペースで消費される方もいらっしゃいます。

 

Q.16 ぶっちゃけ、なんで寒天は高いの??? 

A. 手間・時間・愛情をかけています!!そして厳選された素材にこだわった【本物】だからです。

 ストーレートなご質問ですね。もともと原材料である良質な天草が採取できる場所が限られているのに加えて近年の温暖化などの影響により高騰が続いております。品質にこだわるとどうしても商品価格が高くなってしまいます。また、寒天の製造は手作業がメインです。職人が丁寧に製造していますので生産量も限られて高価になってしまいます。

 

Q.17 寒天ってどうやって食べるのか分かりません。 

A. 細寒天は水に戻していつもの料理に入れるだけ。粉寒天は煮溶かすだけです。

 【寒天料理】と難しく考えられるのではなく、いつもの料理に【寒天をプラス】して気軽に寒天を食卓に取入れて頂けたら嬉しいです。少量でも続けて食べて頂けると良いと思います。(詳しくはこちら

 

Q.18  水野寒天のホームページは検索してもなぜ上位に載らないのですか? 

A. 水野寒天の魅力を直接、伝えたくて素人である私(水野寒天の嫁)がHP制作・管理しているからです。

 プロにはやはりかないませんが、たまたまHPを見つけてご注文頂きリピーターになって下さったり、口コミで広がりつつあるのは大変嬉しいことです。HPは「素人」ですが寒天は「プロ」一流ですのでご安心ください!検索で上位に載る良い方法があれば教えてください(笑) HPプロ業者にお願いしない主な理由

①生産者の「思い」を自分の言葉で直接、伝えたいため

②「広告費」ではなくて原材料など「商品」に力をいれているため

 

Q.19 山岡町の寒天であれは正直どこも同じですか?

A. いいえ違います。

 原材料である海藻の種類や産地によって寒天の粘度や強度などの品質が違ってきます。寒天屋によって考え方も違うので原料である海藻の選び方も違ってきます。中にはご家庭用として保水力などを低くして低料金で寒天を作っているところもあるそうなのでご注意ください。正直見た目はそれほど変わりませんので慎重にお選び頂きたいです。

 

Q.20 貴社の商品はアマゾンやヤフーショップなどのモールで販売していますか? 

A. 当社はそのようなモールなどに直接は出品しておりません。

 モールなどでバンバン販売するのではなく、HPをご覧いただき、ご納得頂いた上で信頼してご注文頂きたいからです。大切に心を込めて作った商品ですから・・・。

 

Q.21 テレビとかでは「長野県産」の寒天が多く紹介されるのはなぜですか? NEW

A. 長野県全体で寒天をアピールしているからだと思います。

 諏訪中央病院名誉院長「鎌田實先生」が寒天を毎日2g食べる事を推奨し、長野県全体で健康に力を入れた結果、日本一の長寿県になった事と大手企業がバックについているからだと思います。メディアでは長野産の棒寒天がメインで紹介される事が多いですが岐阜産の糸寒天も効果は抜群です。 特に当社は和菓子の原材料として多く納品させて頂いておりますので品質は確かです。

 

Q.22 寒天ブームの影響はありますか?  NEW

A. 当社の寒天の多くは和菓子屋様に納品させて頂いていますのでそれ程、影響はございません。

 当社は小売りにあまり力を入れていないのでそれ程影響はございませんがネットショップでのご注文は通常より増えています。メディアで寒天を取り上げて頂くと寒天の良さを多くの方に知って頂けるので、とてもありがたいですが原料の高騰化と粗悪な寒天が多く出回らないかも心配です。
数年前の寒天ブーム時も色んな意味ですごかったです・・・)

 

Q.23 水野寒天の直売店はありますか? NEW

A. 自社直営の販売店はございません。

 直売店はございませんが土産ショップなどで商品を一部販売して頂いております。

ホームページ【お買物ガイド】下部に紹介していますのでご覧くださいませ。

 

Q.24   粉寒天をコーヒーに入れて毎日飲んでますが大丈夫ですか?  NEW

A. 粉寒天はできれば一度加熱して頂いた方が良いと思います。

 寒天はお腹の中で水分を吸って膨張すると言われます。コーヒーなどに混ぜただけでは寒天自体が水分を吸っていない状態なので、お腹の水分を吸収してしまい逆に便秘になってしまう事もあるそうです。体質や個人差もあると思いますので何とも言えませんが一度加熱する事をお勧めします。

 

Q.25  粉寒天の方が細寒天に比べて高価なのはなぜですか? NEW

A. 細寒天から粉寒天を製造する過程で7~8割程度に減ってしまうからです。

 当社の粉寒天は細寒天を粉末機で丁寧に粉状にしていきますがその際、水分が蒸発するなどの関係で元の量から2~3割程度減ってしまいます。ですので同じ量の製品を作るためにはより多くの細寒天が必要になります。また、手作業の過程が増える事の理由で粉寒天は細寒天に比べて高価になっております。

岐阜県恵那市山岡町上手向4-5        

TEL&FAX 0573-56-2516        

細寒天・粉寒天 製造販売        

水野寒天       

★ご覧頂きありがとうございました★

ご質問・ご感想をお待ちしています